ホームページ | 観光地概況 | 観光地案内 | 観光地ガイド | 白雲山遊覧注意事項 | 特殊サービス
現在位置 : トップ > 観光地概況 > 白雲山紹介
広州市白雲山観光名所のご案内

白雲山観光名所は広州市中心北西部に位置し、総面積が20.98平方キロ、国家4A級観光地と広州市唯一の国家級観光名所を誇っています。白雲山は南粤名山として、古くから“羊城第一秀”と呼ばれ、主峰“摩星嶺”の海抜が382米もあります。

 

白雲山は昔から世に知られており、戦国時代に既に名士が出入りし、晋朝の時代に心地よい景色と評判され、唐の時代に有名な景勝地としてすっかり定着してきました。宋の時代以来の“羊城八景”として白雲山の多数の名勝が選ばれ、羊城市民が昔からここでの登山観光が好きで、数多くの歴史人物と近代各界の知名人もこの山に訪れ、観光を楽しんできました。

 

改革開放以来、白雲山観光地では相次いで山を切り開き、“鳴春谷”、“広州碑林”、“能仁寺”、“雲台ガーデン”、“彫刻公園”、“桃の花の谷”等の観光名勝を増設し、従来の“摩星嶺”、“白雲晩望”、“天南第一峰”等の観光名所と合わせて美しくきらびやかな光景をお見せし、観光客が広州を訪れる度に必ず観光する観光名所となっきています。

 

 

 

広州白雲山風景区管理処すべての権利予約
解像度1024 * 768以上の詳細についてはこちらのサイトを閲覧推奨